これからの時期「ヒル」に注意!

山の写真|長さん|相模原・道志の唐揚げが美味しい定食屋・食堂. 青野原
ご家庭に長さんの美味しさを!
お食事処長さん|青野原・道志の定食屋|テイクアウト、持ち帰りメニューの画像
相模原市公式の最新情報

立春の2021年2月3日を過ぎて、だんだんと昼間は春の兆しを感じるようになりましたね。

暦ってふしぎですよね。

ちゃんと予定通りに春夏秋冬が来るのはとても不思議です。

さて、山登りの間では「丹沢=ヒル」というくらいに有名なのですが、ヒルはご存知ですか?

今日はこれからの時期に注意したい「ヒル」についてご紹介します。

ヒルは吸血鬼!?

いきなり物騒な文字、吸血鬼!

でもあながち間違いではないんですよ!

ヒルは漢字では蛭とも書きます。

ヒル類は大型動物を吸うものがよく知られている

Wikipedia

ヤマビルは、円筒形で体長2~5cmで、伸びると5~7cmになります。体の前後腹面に吸盤があり、ほふく運動で(尺とり虫のように)人や動物に接近し付着します。寿命は3~5年程度と言われています。

神奈川県公式サイト

想像するとなんだかゾワゾワしますね。

食事中にお食事処長さんのこの公式サイトを見ている場合は、画像検索しないほうがいいです!

血を吸って生息している動物がヒルということが分かればOKです。

ヒルの活動時期

ヒルには活動時期があります。

ここ丹沢エリアはヤマビルがもっとも有名で、神奈川県が公式にヒルの活動時期について言及しています。

ヤマビルは陸にすむヒルですが、落ち葉の下など湿気の多いところを好みます。
活動期は、4月から11月までで、特にヤマビルの生息や活動に最も適した気象条件(気温、湿度及び降水量)になる6月から9月までは生息密度も高まり、特に雨中及び雨後は活動が活発です。

神奈川県公式サイト

つまり、春先の4月からヒルは活動をはじめるということです。

ヒルの活動場所

相模原市におけるヒルの活動場所について知っておきましょう。

すごくかんたんにいえば、相模原市の山・川のほとんどはヒルがいると思って下さい!

特に、丹沢山系はヤマビルで有名です。

丹沢山系で一番高い山、蛭ヶ岳は一説によると「ヒルが多いから蛭ヶ岳(ひるがたけ)」と言われてるほど。

お食事処長さんのある青野原では、草むらも注意したいところなんです。

ご近所さんが草刈りをしていたら、いつの間にかヒルにたかられてました!(ヒルに血を吸われることを、青野原では”たかられる”と言うんですよ)

さて、以下にヒルが出現するポイントをまとめておきましょう。

  • 草むら

これらの場所は要注意です!

でも、ヒルは丹沢エリアでは注意したいところですが、石老山を超えて向こう側の相模湖側にはヒルは少ないと言われています。

なぜ、同じ相模原市緑区でエリアが近接しているのにヒルの活動場所が丹沢エリアに集中しているのでしょうか?

ヒルは鹿と仲良し

ヒルの活動場所が丹沢エリアに集中している秘密は、鹿にあります。

実は、ヒルは鹿にくっついて移動範囲を広げているんですよ。

もちろん、ヒルが鹿にくっついている間も血をチューチュー吸っているんですけど、その間に鹿が移動すればヒルも移動していることになります。

ヒルは血を吸い終われば、ボテっと地面に落ちます。

その時点で、ヒルの活動場所が鹿と連動しているのがおわかりでしょう。

つまり、鹿がいるところにはヒルがいる!と考えていただいて間違いありません。

丹沢エリアは鹿が生息している

このことから分かることは、丹沢エリアには鹿が生息しています。

青野原の大自然の豊かさを垣間見れる事実の1つです。

たまに、お食事処長さん周辺にも鹿が出没しますよ。

石老山を境に、鹿の移動エリアが変わるため同じ緑区のエリアでも、山にヒルがいないということもありえるんですね。

ヒルから身を守るために

結論からいうと、ヒルに毒はないため大丈夫です。

ただ、ヒルに吸われた部分はなかなか止血しないため、血がタラーっと出っぱなしになります。

ヒルに吸われないために以下のポイントを抑えて、対策しましょう。

ヤマビルの活動域の拡大は、人や野生動物が媒介しているとも言われています。
ヤマビルは、動物や人が吐く息に含まれる炭酸ガスや体温などで、その存在を知り移動します。移動速度は1分に1m程度とのこと。

神奈川県公式サイト

1.靴と靴下に木酢液をスプレーする

ヒルは木酢液が嫌いです。

基本的にヒルは地面から這い上がってきますので、地面と接している靴と靴下に木酢液をスプレーすることで、近寄らなくすることができます。

2.体の露出を抑える

ヒルは二酸化炭素と体温を検出する器官があります。

動物の吐く息=二酸化炭素と体温を検知して対象物にくっついて吸血します!

体の露出を抑えることで、ヒル自体に自分の存在を認知しにくくさせることで、ヒルにくっつかれる確率を減らせますよ。

3.ライターと塩を持参

万一、ヒルに吸われた場合は無理にヒルを外そうとすると余計に血が止まらなくなります!

そんな時は、ライターでヒルを炙るか、塩を振りかけて下さい。

ボテっと地面に落ちてくれますよ。

4.科学の力!「ヒルファイター」で退散

登山をする人々のあいだで支持されている「ヒルファイター」は、ヒル対策におすすめ。

なんといっても、薬剤の効果で確実にヒルをやっつけてくれる&近寄らせませんよ。

さいごに

ヒルの繁殖力は強いため、ヒルをライターや塩で落としたあとは、ライターの炎で焼き切るか、よく踏み潰して殺して下さい。

いかがでしたか?

ヒルは丹沢エリアでは当たり前に存在する動物で、青野原でもヒルに血を座れること自体は驚きではないんですよ。

これからの時期はヒルの活動が活発になってくるので、相模原の山を歩くときはヒル対策をしておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました