「こわい」とは?

女の子が驚いている顔の画像|長さん|相模原・道志の唐揚げが美味しい定食屋・食堂. 青野原
ご家庭に長さんの美味しさを!
お食事処長さん|青野原・道志の定食屋|テイクアウト、持ち帰りメニューの画像
相模原市公式の最新情報

「こわい」って、あの怖い!恐い!のことではありませんよ。

今回は青野原で使われる方言「こわい」について解説します。

「こわい」=堅い・硬いの意味!

強飯(こわいい)をご存知ですか?

おこわ(漢字では”御強”と書きます)といえば分かりやすいでしょうか。

要は、堅めのご飯ということなのですが、青野原で使われる方言「こわい」は、堅い・硬いで使われるんですよ。

あらやだ、このご飯「こわい」わね…

このように使います。

試しにみなさんのスマホで「こ・わ・い」と打ってみて下さい。

変換結果に「強い」と出てきませんか?

古語で「強い」(コワイ)という言葉があるのですが、意味として丈夫、頑固、というのがあります。

そういえば「手強い」も”て・ごわい”ですよね。

青野原で使われる「こわい」は、おそらく昔の言葉を引き継いで使っているんですね。

ほかの地域の「こわい」

おもしろいことに、北海道では疲れる・だるいという意味で「こわい」が使われるんですよ。

「こわい」は主に肉体的疲労に使われる。意味は「疲れた」「だるい」「苦しい」。かぜ引いたとき熱を出せばふらふらするが、そこでも「なんかこわい」と使う。その他にも、ずっと立っていて疲れたというときに使う。

北海道ファンマガジン

まとめ

「こわい」というのは硬い・堅いという意味で使われるということが分かりましたね!

青野原で話される方言は、ジャンル的には西関東方言といわれています。

青野原で話されている言葉の成り立ちを知ることは、青野原を知ることと同じです!

もっとみなさんに青野原の良さを伝えていくために、これからも情報を発信していきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました