照手姫とは?「上溝編」|相模原の伝説

照手姫の写真|パノラマ|長さん|相模原・道志の唐揚げが美味しい定食屋・食堂. 青野原
ご家庭に長さんの美味しさを!
お食事処長さん|青野原・道志の定食屋|テイクアウト、持ち帰りメニューの画像
相模原市公式の最新情報

相模原には古(いにしえ)から伝わる伝説があります。

すこし長編なので、数回に分けてお送りします。続きをお楽しみに!

相模原の照手姫伝説

日本の地名は、古くから呼ばれてきた地名だけでなく、有力な家系や人物の姓名もあります。

また、相模原市の町名として残っている歴史的な地名もあります。

「横山」「小山」「矢部」「田名」などの地名の由来を調べていくうちに、「横山党」の存在を知りました。

淵野辺氏の地名には淵野辺氏が関わっていたのかもしれません。

相模原では、美女谷温泉や横山段丘崖沿いに照手姫伝説があります。

まずは相模原市の横山の地名の由来となった照手姫伝説から見ていきましょう。

上溝の照手姫(てるてひめ)の話

照手姫の乳母である日野金子という人は、現在の上溝の日金沢(ひがんざわ:彼岸沢とも)に住んでいたと言われており、日金沢の上部にある横山台地の横山将軍という豪族の屋敷で一人の少女が生まれました。

少女は照手姫と名付けられ、美しい姫に成長しました。

ある日森の中で、照手姫は傷を負って倒れていた若い武士を助けました。

ある日、森の中で、照手姫は傷を負って倒れていた若い武士を助けたのですが、その若い武士に一目惚れした照手姫。

その若い武士も照手姫に一目惚れしてしまいました。

運命の出会いってやつですね!

しかし、その若武者は敵の武将・小栗判官であることが判明。

それを知らずして、二人の愛はますます深まり、照手姫はついに父・横山将軍を離れ、小栗半兵衛のもとへと向かいました。

その後、小栗判官は照手姫の父・横山将軍を滅ぼしました。

このエピソードは上溝では伝説となっていますが、疑問点も多く、完全に作り話とされています。

上溝を流れる姥川は、照手姫の産湯とした使った為「産湯(うぶゆ)」が変化して「姥川」になったとも言われています。

JR相模線の近くにある榎神社は、照手姫が榎を植えたと言われています。

また、かつては「井戸坪つぼ」という湧水があり、出産の水として使われていたといわれています。

周辺は遊歩道になっていますので、ぜひ訪れてみてください。

次回のおはなし「相模原の古山にある照手姫」

次回は、相模原市の古山に伝わる「照手姫」についてご紹介します。

「照手姫」ひとつとっても、実は2つの説が存在します。

とても興味深いですよね。

次回のおはなしを楽しみにしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました